マイクロソフトは、『The Elder Scrolls』や『Fallout』、『DOOM』などで知られるベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収する契約を締結したと発表しました。

買収額は現金で75億ドル(記事公開時の日本円で約7,843億円)、この買収には2,300人以上の従業員を擁する世界中の出版オフィスと開発スタジオ(Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、Roundhouse Studios)が含まれるとのことです。

また、ベセスダ・ソフトワークスの象徴的なシリーズが 「Xbox Game Pass」 に加わり、現在開発中の新作『Starfield』をXbox/PCで発売される日にXbox Game Passに組み込むことも計画しています。なお、コンソール版がPS5独占となる『DEATHLOOP』『Ghostwire: Tokyo』がどうなるかについては現時点でアナウンスされていません。編集部ではマイクロソフトに今後のベセスダ作品群のPSプラットフォームにおける展開についてもあわせて確認中です。追ってお伝えします。