デベロッパーRe-Logicは、『テラリア(Terraria)』各プラットフォーム版の開発状況について、同作コミュニティフォーラムにて情報を公開しました。

まず、Ver.1.4アップデートが5月に実施済みであるPC版ですが、Ver.1.4.1の開発が佳境に入っているとのこと。実装内容のほとんどは完成して細かい部分の修正をしている段階であり、厄介なバグはいくつかあるものの、10月中にはリリース可能であるとしています。また、Ver.1.4.1のリリースと同時にサウンドトラックの拡張も実施予定とのことです。tModLoaderのVer.1.4対応は開発が進められているものの、リリース時期は明らかになっていません。


次に、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ版の開発状況です。モバイル版のVer.1.4対応を優先すると決定したため公開できる情報は少ないとの前置きがあったものの、Ver.1.4のプレアルファビルドの映像が公開。なお、スイッチ版については画面分割プレイ対応の際に発生したバグの修正パッチを、近日中に配信するとしています。これらコンソール版のアップデートについて、国内向けのリリース時期等は明らかになっていません。



最後にモバイル版についてですが、前述の通り優先して開発が進められており、重大なバグ発覚などが無く開発を上手く進められれば、10月中のVer.1.4対応も夢ではないとしています。万が一予定が延期になった場合にはフォーラム等ですぐに発表するとのことなので、注視しておく必要がありそうです。