アメリカのデベロッパーEchtra Gamesは、早期アクセス配信中のアクションRPGシリーズ最新作『Torchlight III』を、日本時間10月13日午後11時にSteamにて発売することを発表しました。




当初は『Torchlight Frontiers』として開発され、その後『Torchlight III』とタイトルを改め、2020年6月より早期アクセスが開始された本作の正式発売が告知されました。

現在プレイできる早期アクセス版は、10月6日に最後のデータワイプが実施され、正式版へとアップデート。早期アクセス利用者は正式発売より1週間早く、Netstrikeバナーの特典付きストレステストを兼ねた正式版のプレイが可能となります。また、現在正式版のパブリックテストも行われており、参加を希望するプレイヤーは公式Discordの#public-test-realmチャンネルの確認が案内されています。


正式版では、待望のシングルプレイヤーモードに対応。インターネット接続も必須でなく、今後最新バージョン配信時、オフラインであったとしても古いバージョンで動作するだけでプレイに支障は起きないとのことです。なお、シングルとマルチのデータは別個のものとして扱われ、シングルのデータは、サーバーに依存せず完全なローカル保存。DLC以外のメールボックス特典はマルチプレイ時のみ受け取り可能とされています。

クロスプラットフォームプレイへの対応も今後検討材料に入ることも明らかにされた『Torchlight III』は、10月13日にPC/海外PS4/Xbox Oneを対象に発売予定。現在Steamストアページでは日本語対応が表記されています。また海外ニンテンドースイッチ向けにも発売予定です。