スクウェア・エニックスは、PS5向けタイトル『ファイナルファンタジー16』のティザーサイトを公開しました。

ティザーサイトには、本作の世界設定や、本作の主人公であるクライヴ・ロズフィールドをはじめとした3人のキャラクター情報、ディレクターである高井浩氏とプロデューサーの吉田直樹氏のコメントが綴られています。さらに、PlayStation.Blogでは、吉田直樹氏が本作の新情報についての詳細をわかりやすく解説しています。


それによると本作の世界「ヴァリスゼア」では、召喚獣を召喚できる存在は「ドミナント」と呼ばれ、国をも滅ぼす力を有しているのだとか。また、上記のトレイラー「AWAKENING」で登場する若い騎士と刺青が入った青年についてはユーザーの間で多くの憶測が飛び交っていましたが、同一人物であることが明かされました。

また同氏は、次の大きな情報公開は来年の2021年に予定しているとコメントしています。

『FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』はPS5向けのリリースが予定されています。発売日や価格などに関する詳細な情報は、本記事執筆時点で公開されていません。