ポーランドのGalaktus Gamesは、スパイボードゲーム「Phantom Doctrine - Espionage Board Game」のKickstarterキャンペーンを開始しました。

本作は、2018年にリリースされた冷戦時代のスパイの活躍を描いたストラテジー『Phantom Doctrine』をベースにしたボードゲーム。最大4人まで参加可能な協力型のゲームで、各プレイヤーがエージェントを操作して重要書類の奪取や人質救出など、さまざまな任務を達成していきます。


マップタイル上には、プレイヤーの行動で反応する敵エージェントやランダムイベントが発生するエリアが存在。プレイヤーは自身のエージェントが持つアクションカードやガジェットを駆使して問題に対処しなくてはいけません。各ミッションごとにはプレイヤーの拠点アップグレードも可能、新たなスキル解放やサポートエージェントなどの獲得も行えます。しかし、一緒に遊ぶプレイヤーには「二重スパイ」が可能性もあるため注意が必要のようです。



プレッジできるコースは3ポンドから69ポンドまで4つのコースが用意されており、49ポンド以上の支払いで実際のゲームが獲得可能です。日本までの配送にも対応していますが、送料は35ドルかかるのでご注意ください。なお、ストレッチゴールも用意されており、一定額達成で新たなミニチュアやエージェント追加が行われます。

「Phantom Doctrine - Espionage Board Game」のKickstarterキャンペーンは2020年11月28日1時まで開催されます。