アメリカのデベロッパーHeart Machineは、三人称視点で展開するアクション『Solar Ash』の解説付きゲームプレイ映像を公開しました。本作は、2016年に発売された2Dドットアクション『Hyper Light Drifter』開発元の第2弾となる新作。今回は表現を3Dへと変更。プレイヤーは、ワールド全体を飲み込まんとする巨大なブラックホール「Ultravoid」から、故郷を救う方法を探すヴォイドランナー「レイ」として、スケートに似た移動方法で世界を駆け巡ります。同スタジオのクリエイティブ・ディレクターAlex Preston氏によるこの解説動画では、高速移動に加えて戦闘も披露。足を止めることなく攻撃を繰り出し、再び移動に戻るという一連の流れるような動作を確認できます。また後半には、プレイヤーの体躯と比較にならないくらいの巨大なボス戦の一端も。ゲームが進行するにつれ敵との遭遇頻度が上がることや、巨大な、虚無の守護者と称されるボス戦が用意されていることが語られています。
色鮮やかな世界を高速で駆ける旅が楽しめる『Solar Ash』は、PC(Epic Gamesストア)/PS4/PS5向けに2021年内に発売予定です。