『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

2011年に発売された、Biowareが手がけるEAの人気RPG『Dragon Age II』。同作に2012年に予定されていた、拡張パック「The Exalted March」の計画キャンセルの真相について、同作のクリエイティブディレクターMike Laidlaw氏がその理由をコメントしています。

First off? Why did we cancel it? Easy to assume it was “the reaction” to DAII, but not so! It was the move to Frostbite.— Mike Laidlaw (@Mike_Laidlaw) 2017年1月12日
Laidlaw氏によれば、「The Exalted March」のキャンセルは、『Dragon Age II』に当時存在した不評のためではなく、2014年に発売された『Dragon Age: Inquisition』の開発と、それに用いられていたFrostbiteエンジンに起因したものとのこと。

… and the Frostbite transition, both would have suffered a lot, esp. from lack of engineering folks.— Mike Laidlaw (@Mike_Laidlaw) 2017年1月12日
当時「The Exalted March」と同時に開発が進行していた、『Dragon Age: Inquisition』の開発では、同作がFrostbiteエンジンを利用した初のRPGタイトルであるため、かなりの困難が伴ったようで、エンジニアの人員が不足してしまったそうです。Laidlaw氏は、最終的には同シリーズのエグゼクティブプロデューサーMark Darrah氏により、『Dragon Age: Inquisition』に注力する形で「The Exalted March」の開発中止決定が行われたと話しています。

もし「The Exalted March」が実現していたら、セバスチャンの家族について等、幾つかの興味深い内容を含む新たな物語が綴られる予定であったとのことですが、Laidlaw氏は「The Exalted March」の開発中止は、エンジンの変更に開発の焦点をあてるための正しい判断である、としています。

ニュースをもっと見る

関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる

トレンドの主要なニュース

トレンドのニュース一覧へ

22時39分更新

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索