『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引

『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引

We just broke 500k! Thank you all so very much for your continuing support! <3 pic.twitter.com/FXnsy6twGX— PLAYERUNKNOWN (@PLAYERUNKNOWN) 2017年8月4日
BlueholeがSteam早期アクセス中の人気バトルロワイアルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。同作の最大同時接続数が50万人を突破したことを同作ディレクターのPLAYERUNKNOWN氏が発表しています。

氏が掲示した同時接続数は51万9千人。これは『Counter-Strike: Global Offensive』に対して2万人ほど少ない数字であり、この破竹の勢いでの売上が続くのであれば、長らくSteamの同時接続数2位の座に常時君臨してきた同作を抑え、新たなSteamの目玉タイトルとなる日も遠くはないでしょう。


また、7月度アップデートにて試験的に導入された新クレートの「Steamコミュニティマーケット」上での取引も非常に好調となっており、本記事執筆時点で“GAMESCOM INVITATIONAL CRATE”が395円、“SURVIVOR CRATE”が443円、“WANDERER CRATE”が238円。いずれも1時間に数千件が取引される状態となっています。

「Steamコミュニティマーケット」について詳しく説明すると、これはSteamのユーザーがゲーム内アイテムを出品、Steam上でゲーム購入などにも使える通貨“Steamウォレット”を使って売買が可能である仕組み。また、アイテムの取引毎に取引金額の1割がゲームメーカー側へと還元されるようになっており、活発な取引はメーカーへの利ともなります。今回『PUBG』に実装されたクレートはいずれも非常に簡単にゲーム内マネーで確定で手に入る物となっており、同作プレイヤーは一定時間のゲームプレイで、Steam上でしか利用できないとはいえ、実質上の現金を数百円単位で手にすることが可能な状態となっています。

なお、クレートから排出されるアイテムの方は1週間の取引制限がかかっており、2017年8月10日より順次取引可能となるため、クレートの価格の高止まりはずっと続くものではなさそうですが、それでも今度はレアな衣装アイテムが非常に高い価格で取引されることになりそうです。

ゲーム内スキンの排出・取引システムについては、本時点でSteamの同時接続数1位、2位の『Dota 2』『Counter-Strike: Global Offensive』が大きな成功を収めており、『PUBG』もこのままゲーム内衣装アイテムの実装体制が整えば、それらのタイトルに並ぶようなマーケットの持続した活気及び、それを背景とした更なる躍進を得ることができるのかも知れません。

関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索