スペースサンドボックス『ASTRONEER』月面着陸50周年を記念した「Lunar」アップデート配信

スペースサンドボックス『ASTRONEER』月面着陸50周年を記念した「Lunar」アップデート配信
スペースサンドボックス『ASTRONEER』月面着陸50周年を記念した「Lunar」アップデート配信
スペースサンドボックス『ASTRONEER』月面着陸50周年を記念した「Lunar」アップデート配信
スペースサンドボックス『ASTRONEER』月面着陸50周年を記念した「Lunar」アップデート配信


アメリカのインディーデベロッパーSystem Era Softworksは、アドベンチャー『ASTRONEER』に「Lunar」アップデートを配信し、トレイラーを公開しました。

ソロや4人までのマルチプレイで協力しての惑星探険が楽しめる本作に、新たにアポロ11号の月面着陸が行われた協定世界時間1969年7月20日から50周年を記念する「Lunar」アップデートが配信されました。これにより新たなタイプのベース用プラットフォームや倉庫が追加されています。


●中型 Tプラットフォーム:小型プリンターより製作可能
必要材料:プラスチック x2コスト:1,500バイト

●大型 Tプラットフォーム:中型プリンターより製作可能
必要材料:アルミニウム合金 x1、プラスチック x2コスト:4,000バイト

●大型倉庫サイロ A:中型プリンターより製作可能
必要材料:アルミニウム合金 x3コスト:5,000バイト

●大型倉庫サイロ B:中型プリンターより製作可能
必要材料:鋼 x3コスト:7,500バイト


また、2019年8月31日までの期間限定のイベントとしてアポロ11号の月着陸船がオーディオログと共に登場。Desoloにおいて発見するとカスタマイズで使えるパレットとバイザーが貰えます。また、月着陸船のカメラはタイマーで動作しプレイヤーの撮影を行うため、スクリーンショットやSNSでの共有が楽しめるとのことです。アップデートの詳細に関しては公式フォーラムをご確認ください。

アポロ11号の軌跡も辿れる『ASTRONEER』は、PC(Steam/Microsoft Store(Xbox Play Anywhere対応))/Xbox Oneで日本語に対応し発売中。また、8月末にアメリカで開催される「PAX West 2019」にて『ASTRONEER』の大きな発表があり、いくつかの新要素がプレイアブル展示されるということです。


関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索