米国のプロゲーミングチーム「Echo Fox」が解散…投資家へのインタビューで明らかに【UPDATE】

米国のプロゲーミングチーム「Echo Fox」が解散…投資家へのインタビューで明らかに【UPDATE】

 
大規模な組織改編や、League of Legends Championship Seriesのスロット喪失など、解散が噂されていた米国のプロゲーミングチーム「Echo Fox」ですが、実際に解散していたことが海外メディアWIN.ggが行った同チームの投資家のインタビューにより明らかになりました。

Echo Foxは、2015年にNBAで活躍した元バスケットボール選手のリック・フォックス氏らが設立し、ときど選手やももち選手が在籍していたこともあり日本でもその名が知られるe-Sportsチームです。同メディアが行ったインタビューに応じた投資家は「Echo Foxはもうありません。なくなりました。」と語られており、「スタッフやプロプレイヤーはすべて解雇され、ロゴやユニフォームはコレクターアイテムになりました。」と答えています。

所属チーム・選手が各タイトルの大会で活躍し、2017年には親会社であるVision Venture PartnersがMLBのニューヨーク・ヤンキースからも出資されるなど、e-Sportsシーンの盛り上がりの中で成長を続けてきましたが、2019年4月に明らかになった共同創設者の人種差別問題でリック・フォックス氏がチームを離脱。8月にはLeague of Legends Championship Seriesの出場権を喪失(9月にEvil Geniusesが購入)するなど、直近では存続が危ぶまれる事態が続いていました。

※UPDATE(2019/11/12 16:06):本文中誤字を修正しました。


関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る