Gearboxプロデューサーが『Furious 4』キャンセルの理由を語る―『Brothers in Arms』の今後にも言及

Gearboxプロデューサーが『Furious 4』キャンセルの理由を語る―『Brothers in Arms』の今後にも言及
Gearboxプロデューサーが『Furious 4』キャンセルの理由を語る―『Brothers in Arms』の今後にも言及


GearboxのプロデューサーであるRandy Varnell氏は海外メディアWccftechのインタビューにおいて、同社開発タイトル『Furious 4』のキャンセルは“ビジネス上の理由”であったことを明らかにしました。


『Furious 4』は『Brothers in Arms』シリーズの最新作として2011年に発表された作品ですが、これまでとは大きく異なる作風にファンが猛反発。その後パブリッシャーのUbisoftが本作の商標を放棄し、『Brothers in Arms』シリーズではない新規IPとなることが発表されたものの、結局そのままフェードアウトしてキャンセルされてしまいました(後の『Battleborn』に進化したとも言われています)。


Randy Varnell氏は『Furious 4』がとても優れた作品で本当に興奮していたと語りつつ、キャンセルがクリエイティブの問題では無かったことを伝えています。ちなみに『Borderlands 2』のために『Furious 4』の開発が一時中断されたこともあったようですが、最終的にそれは悪い決定ではなかったとしています。


なお、『Brothers in Arms』シリーズについてはGearboxも長年不在であることを気にかけており、「何も言えないが、何かをしたい」とRandy Varnell氏は語っています。


関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る