RocketPunch Gamesは、2Dメカアクション『ハードコア メカ』に1人用新モード「サバイバルシミュレーション」を実装しました。

なめらかなアニメーションで格好良いロボが戦いを繰り広げるさまが魅力の同タイトル。PS4版の欧米向け配信に合わせ今回実装された「サバイバルシミュレーション」は、ウェーブ制で迫りくる雑魚や、各種ボスを蹴散らしながら、制限時間切れか自機破壊まで戦い続けるモードです。操作テスト用のトレーニングモードを除けば同作では初の、多数の種類の機体を操れる1人向けモードとなります。



本モードでは、プレイヤーは最初は基本的な量産機「ヴィンディケーター:サイバーゴースト」のみが使用可。同モードでは機体の強化なども可能となっており、ゲームプレイで得たクレジットを用いて特定の機体の特定能力を強化することで新たな機体がアンロックされていきます。(一部は最高到達ウェーブ数でアンロック)


また、ゲーム中に手に入るボックスからは機体に装着する各種の武器やモジュールが入手可能。武器に関しては同じ名称の同じ種類の武器でも、手に入れるたびに多少異なる性能となるなど、更なる強武器などを求め複数回遊べる作りとなっています。



『ハードコア メカ』はPS4/Steamにて配信中です。