NIS Americaは、本日1月17日にフリュー開発の群像劇RPG『アライアンス・アライブ HDリマスター』PC版の配信を開始しました。

本作は3DSで発売された作品のHDリマスター版で、2019年にはニンテンドースイッチ/PS4版が発売されました。種族も所属も異なる9人の主人公が分断されている世界を冒険し、各主人公の視点で物語を進めていくストーリーです。


主人公たちは手に入るすべての武器を自由に装備可能。また、戦闘や移動に有利なスキルを習得できる「資質」と呼ばれる成長システムと組み合わせ、キャラクターを自由に育成できます。このほか、武器を使い込むことで新技を習得する「覚醒」システムも存在します。

世界には5つのギルドが存在しており、人員を派遣すれば各ギルドの勢力を強化できます。ギルドが成長すれば、新しい武具の開発やモンスターの出現率操作など、有利になる要素を獲得することも。育成や運営など、やりこみ要素が豊富な作品となっています。



『アライアンス・アライブ HDリマスター』PC版はSteamにて6,908円で配信中。サウンドトラックとデジタルアートブック付きの『デジタルリミテッドエディション』も、7,207円で同時発売されています。なお、どちらも発売記念のスペシャルプロモーションとして1月24日までセールを実施しています。