NTT東日本は、2020年1月31日に設立予定の新会社「NTTe-Sports」の設立発表記者会見を行いました。

発表によれば「NTTe-Sports」はNTT東日本で光ファイバーの普及がほぼ完了したことを受け、それを用いた地方活性化などを今後の軸にする中で、2020五輪などを含むNTTの経験を活かし、e-Sportsを地方活性化に用いることを目的の一端として設立。また、設立にはもともとNTTに所属しており、長年プライベートでは「闘劇」などの実況や各種大会企画運営で知られる「かげっち」こと影澤潤一氏がいたことが大きな推進力となったとのことです。なお、氏は今後「NTTe-Sports」の取締役副社長に就任。事業に大きく関わっていく予定です。

同社の事業としてはe-Sportsに関連した「施設構築・運営」「プラットフォーム」「サポート(教育)」「イベントソリューション」「地域活性化コンサルタント」の5本を主軸とするとのこと。施設構築・運営事業の一端として、2020年夏には秋葉原UDX内にシンボルプレイス施設をオープンするとしました。また、出資者兼パートナー企業であるタイトーと協力し、e-Sports大会「闘神祭」へICTソリューションおよび企画運営として関わっていくことも発表。

同様に、パートナー企業として「GALLERIA」などで知られるサードウェーブとともに学生のe-Sports部活のための発足支援プログラムの提供拡大を行っていく他、目標としての学生部活動向け大会の企画なども今後検討していく旨を明らかにしました。なお、「NTTe-Sports」は取り扱うゲームなどに制限を設けているわけではなく、全てのゲームメーカーに対し協力していきたいとしています。

発表会では『ぷよぷよeスポーツ』『ストリートファイターV タイプアーケード』のエキシビションマッチも開催。『ぷよぷよeスポーツ』では筋ジストロフィー患者の入所する八雲病院の患者でもあるvken1130v選手とNTT東日本社内チームTERA HORNsの柴田選手が遠隔対戦。開発中の、自動で配信の注目箇所などをハイライトする技術「CLIP-LIVE」も活用してのデモンストレーションが行われました。

『ストリートファイターV タイプアーケード』では、影澤潤一氏がなんと選手として登場。ゲストとして登場した、G-STAR Gamingの倉持由香選手及び、Team LiquidのNemo選手と熱い戦いを繰り広げました。質疑応答に移る直前にはまるで「普通のe-Sportsイベント」のような一幕も展開し、柔軟織り交ぜた発表会となっていました。

昨今様々な企業の参画が見られるe-Sportsですが、NTTの元、実績あるe-Sports業界関係者が大きく関わる同社の今後の動きに期待です。