デベロッパーFlying Oak GamesおよびパブリッシャーDear Villagersは、新作ローグライトプラットフォーマー『ScourgeBringer』の早期アクセス開始日が、現地時間2月6日に決定したことを発表しました。


「Dead CellsとCelesteの合いの子」とも表現される本作は流れるような操作、空中戦闘、細やかなドット絵、パンチの効いたサウンドトラックなどを特色としています。

謎の実体が全人類に大惨事をもたらした世界滅亡後の状況設定の中で、ScourBringerではあなたはKyhraの一族の最凶悪の兵士となります。Kyhraが未知の世界を探検し、彼女の過去を封じ込め、そして恐らくは人間性を取り戻すことを防いでいる古代の機械群を切り倒して進むことができるようにしてやってください。

主な特徴
ペースの速いrogue-liteを通してメトロイドヴァニアを生で感じる超滑るように動くコントロールでスムーズに道を切り倒して撃ち開く攻撃することだけに特化した半狂乱的なコンバットシステムで腕を磨くJoonas Turner (Nuclear Throne、Downwell、Broforce ...)の別世界の適合サウンドに猛進するScourgeの秘密を持つ言語に絶するような敵と巨大なボスの大群に立ち向かう絶え間なく変化するダンジョンの果てしない深淵を探検する謎を解き明かし過去の探検家たちの形見を見つけ出して現実を解き放ち秘密を明らかにする









日本語にも対応する『ScourgeBringer』は、Steam早期アクセスおよびXbox Game Pass for PC向けに配信予定。正式版は2019年後半を予定しており、コンソール向けにもリリース予定です。