The Fun Pimpsは、Steam早期アクセス中のゾンビサバイバル『7 Days to Die』に日本語を含む多言語への対応を行うアップデートを実施しました。

同作は、各種のサバイバル要素、クラフト要素や建築要素を備えたゾンビサバイバルタイトル。固定マップの他、ランダム生成マップでゲームを楽しむこともできます。



今回のアップデート「Alpha 18.3 b4 Language Patch」により、同作の対応言語は、日本語のほか、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・韓国語・ポーランド語・ポルトガル語・ロシア語・中国語 (簡体字)・スペイン語 - ラテンアメリカ・中国語 (繁体字)・トルコ語に。



他にも今回のアップデートでは、細かな要素の調整や各種のバグフィックスも行われています。




『7 Days to Die』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに2,480円で配信中。Steam春節セールで2020年1月28日までは66%引きの843円で購入可能です。なお、同作は海外ではPS4/Xbox One向けにも発売中です。