ゲーム配信サイトHumble Bundleは、バンドルの販売価格を地域ごとに設定する新しい制度を発表しました。8つの通貨に適用されていますが日本円は対象になっておらず、引き続き米ドル価格になります。

今回の発表は、Humble Bundleの公式ブログで発表されたもの。新しい価格は「バンドル発売時に近い為替レート」が使用されるため、対象の国で公平性が保たれるようになるとしています。今回追加される新しい価格制度の対象になるのは以下の8つの通貨です。

ユーロ(EUR)英ポンド(GBP)カナダドル(CAD)オーストラリアドル(AUD)ニュージーランドドル(NZD)トルコリラ(TRY)ロシアルーブル(RUB)フィリピンペソ(PHP)
現時点で販売されているバンドルは米ドルでの販売になりますが、今後販売されるものについては新しい価格制度が導入されていくようです。また、「Humble Choice」のクラシックプラン(Humble Monthlyから引き継いだユーザー)は、国籍に関係なく今後も米ドルでの支払いとなります。