気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、DeGenerals開発、PC向けに2月21日リリースされた戦車修理シミュレーション『Tank Mechanic Simulator』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、戦車博物館のオーナーとして依頼/発見された第二次世界大戦期のドイツとソ連、そしてアメリカ戦車を修理し復旧させるシミュレーション。爆速プレイレポも掲載中。記事執筆時点では日本語未対応です。

『Tank Mechanic Simulator』は、2,050円で配信中。




――まずは自己紹介をお願いします。

Robert本作のメインプログラマーであり、CEOのRobertです(チームが小さいので他にも色々担当していますが)。私たちのチームは2人のプログラマーと2人のアーティストで構成されています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Robert本作の計画は、私たちのパートナーだったPlayWay(今ではパブリッシャーですが当時はパートナー)から提案されました。ゲームデザインは2016年12月に始まり、2017年1月には完成しました。私たちはまずプロトタイプと一般に公開するための短いトレイラーを作り、これがとても良いフィードバックを得ることができました。こうしてこのプロジェクトが承認され、しっかりとした開発体制を整えることとなったのです。


――本作の特徴を教えてください。

Robert本作はPlayWayから発売された、新たなメカニックシミュレーターです。しかし本作においては新しい要素として、プレイヤーは戦車博物館の運営をすることになります。現在、プレイヤーたちからリクエストされた要素(協力プレイ含む)を実装するため、開発を続けています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Robert本作は私たちが見つけることができた、戦車の修理に関するあらゆるドキュメンタリー、そしてボービントン戦車博物館や他の戦車博物館のビデオブログから影響を受けています。ゲームシステムは他のメカニックシミュレーターをベースとしているので、この部分でのサプライズは狙っていません。

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能でしょうか?

Robertパブリッシャーの協力のもと、日本語の公式翻訳を追加予定です。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Robertお約束します…今後、日本の戦車も追加しますよ!

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後のインディーデベロッパーにメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に250を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。