オーストラリアのインディーデベロッパーAffable Gamesは、同社が手掛けた会話シム『Speaking Simulator』について、協力マルチプレイ機能などの新要素を実装するバージョン1.1を配信しました。また、4月3日までの期間限定で35%オフセールも実施中です。

本作は人間の社会に忍び込んだロボットとして、顔面を駆使して違和感のない会話に挑戦するシミュレーションゲーム。プレイヤーは舌や唇を上手く操作してコミュニケーションを図る必要があり、失敗するとAIがエラーを起こしたり、顔面が爆発したりしてしまいます。

今回新たに配信されたバージョン1.1では、Steam Remote Playに対応した協力マルチプレイヤーモードや低難易度オプションの追加、Twitchとの連携機能強化などが実施されます。詳細についてはこちら(リンク先英語)からご確認いただけます。

『Speaking Simulator』はPC(Steam)/海外ニンテンドースイッチ向けに発売中です。なお、Steam版は4月3日までスペシャルプロモーション価格の988円(35%オフ)でご購入いただけます。