コナミデジタルエンタテインメントは、対戦型カードゲーム『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』の新バージョンのPS4/XB1/Steam向け販売とスイッチ版アップデートを開始しました。

同作は、アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」から「遊☆戯☆王VRAINS」までの物語に沿った各デュエルを、2020年4月度の「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」のマスタールールに基づいたカードゲームで追体験していく作品。



なお、一部カードの収録内容には国内版カードゲームからの変更が存在します。今回のアップデート版では、マスタールールが更新された他、新カードが多数追加。デュエリストも「遊☆戯☆王VRAINS」のキャラクターが複数新たに参戦します。



ゲームは物語に沿ったデュエルを固定のデッキで行うだけではなく、ゲーム進行を通じて集めたブースターパックで構築した自作のデッキで戦うことももちろん可能。オンラインマルチプレイにも対応しているほか、ドラフトなども行えます。なお、PC版ではマウス操作ももちろん実装。



なお、既に配信されているニンテンドースイッチ版も他ハード同等の内容にアップデートされた他、全世界で50万本の出荷を達成したことが報じられています。


『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』はPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/Steamにて3,300円で配信中です。