ユービーアイソフトは、Massive Entertainment手掛けるオンラインRPG『ディビジョン2』について、「Title Update 8.4」の配信を告知、パッチノートを公開しました。

敵NPC弱体化やシーズンマンハントのリプレイ機能実装などを含む「Title Update 8.4」は、日本時間3月25日17時30分〜20時30分頃までを予定しているメンテナンスにて配信予定です。以下、そのまとめとなります。パッチノート原文はこちら(リンク先英語)にてご確認いただけます。

Title Update 8.4
ゲームプレイの変更Seasonal ManhuntがNormal以上の難易度で進行するように。Seasonal ManhuntにリプレイボタンUIを追加。リプレイのためにグローバル難易度を変更する必要が無くなりました。あわせて、グローバル難易度の変更でSeasonal Manhuntの進行がリセットされないように変更されました。高難易度帯のCoyoteからCoyote's Maskがドロップする確率を上昇。また、シーズンランク35に達したにも関わらず(シーズンランク報酬の)Coyote's Maskを入手出来ていないプレイヤーについて調査を実施中です。オープンワールドアクティビティ「Public Execution」「Settlement Blockade」「Propaganda Broadcast」について、他のアクティビティと同水準の報酬が得られるように調整。Conflictマッチについて、最大レベルのキャラクターはHigh-Endクオリティの報酬を入手できるように。
バランス調整
『ディビジョン2』は難易度・グループ人数に応じて「敵の構成がそのままでも、プレイヤーに求められる装備水準が高くなる」ようバランス調整されていましたが、高難易度帯やグループ人数が多い状態ではElite、Veteran級の敵NPCを追加で配置しているため、結果的に意図よりも高いヘルス・ダメージ数値となっていました。したがって、多くの数値を下方調整します。

全ての難易度帯で、敵NPCによるダメージ出力を減少。グループ人数に応じた敵NPCのヘルス・アーマー増大を減少。敵NPCのヘルス・アーマー値をアクティビティ難易度に基づいて調整。難易度Hard、Challengingでは、敵NPCのヘルス・アーマーは現在よりも減少します。難易度HeroicとLegendaryでは、上の「グループ人数に応じた敵NPCのヘルス・アーマー増大を減少」の分を補うため、現在よりも高いヘルス・アーマー値を持つようになります。Warhoundのヘルスを減少。Warhound Sniperのダメージを減少。Warhound Minigunの360度掃射のダメージを減少。Warhound Minigunの360度掃射にプレイヤーが反応しやすく。Warhound Grenadierの弱点ヘルスを減少。Support Stationの基礎ヘルスを減少。Support Stationが開けた場所に展開される可能性を増加。EMP効果によってSupport Stationにダメージを与えられるように。
スキルCluster Seeker Mineの移動距離が12mから10mへ減少。Cluster Seeker Mineの爆発半径が6mから4mへ減少。