Blow Blather's away with The Met's new share tool for Animal Crossing: New Horizons! Learn how to easily transport any of our 406,000 #MetOpenAccess images into your virtual homes and islands https://t.co/ulFMQPCwq5Tag us so we can see how you re-create the #MetAnywhere! pic.twitter.com/dlvGe0K2Hd— The Metropolitan Museum of Art (@metmuseum) April 28, 2020
新型コロナウイルスの影響で世界中の観光地が閉鎖されている中、『あつまれどうぶつの森』内に世界的名画などをインポートできるサービスが公開されています。現在ニューヨークの「メトロポリタン美術館」とカルフォルニアの「J・ポール・ゲティ美術館」が行っています。

これは同作で使用できるマイデザインを使用して、ゲーム内に自由に絵画などを配置しようというもの。「メトロポリタン美術館」は、コレクションのページから美術品を選択して表示される写真の下にある「共有ボタン」内にある葉っぱのアイコン(同ゲーム内での家具のアイコン)をクリックすることでQRコード生成画面となります。

「J・ポール・ゲティ美術館」は専用ツール「Animal Crossing Art Generator」にアクセスし、好きな絵画を選択することでQRコードを作成できます。このツールではIIIF規格の画像ならば外部からも変換可能で「ハーバード美術館」などの所蔵作品も使用できます。IIIFへの参加リストはこちらから確認可能です。


なお、どちらのサービスも仕様上正方形でのみ切り抜き可能なため、美術品の形状によっては完成させるために複数枚のマイデザインが必要になります。

Hey #AnimalCrossing fans! Hang Van Gogh’s “Irises” on your wall, wear Manet’s “Spring” on your shirt, or decorate your island with ancient sculpture. Add art to your game using Getty’s new custom pattern-making tool: https://t.co/0014ri2rTO pic.twitter.com/iWoJCdj3jr— Getty (@GettyMuseum) April 16, 2020
生成されたQRコードは、スマートフォン向けアプリ「Nintendo Switch Online」内のゲーム連携サービス『あつまれどうぶつの森』で読み取ることで利用可能になります。