ユービーアイソフトは『アサシン クリード』シリーズ最新作の設定をリアルタイムのイラスト描画で表現する生放送を、日本時間4月29日21時より開始しました。23時現在も放送が続いています。

オーストラリアのアーティストBossLogic氏によりこれまでに描かれているのは、左側に雪山の寒冷地が、右側に石造りの城が丘に建つ風景をバックに主人公と思しきシルエットが描かれた絵です。城の背景の方には、鎧を着た兵士が何者かと戦闘を行う様子も追加されています。

イラストが完成し次第、本記事にて判明した内容を追加してお伝えします。

※UPDATE(2020年4月30日午前3時10分):3時現在、左の寒冷地域の海原には兵士がひしめく複数の帆船が浮かび、右の地域では城ないし砦から煙が上がり、戦乱のさなかであることが強調されています。

また、複数の海外メディアにおいて、ユービーアイソフトがドメイン名登録会社Gandi.netを通じ「assassinscreedvalhalla.com」のドメインを取得したことが報じられました。過去の『アサシン クリード』関連ウェブサイトのドメインもGandi.netを通じて登録されています。


※UPDATE(2020年4月30日午前5時10分):配信開始から8時間経過した午前5時頃に絵が完成。新たにタイトルも『Assassin's Creed Valhalla』となることが明らかにされました。こちらは別記事でもお伝えしています。