Techlandは、ゾンビサバイバルアクション『Dying Light』の新DLC「Hellraid」を発表しました。

この新たな有料DLCでは、生存者がタワーの地下から見つけた誰も知らない奇妙なアーケードマシンによって、地獄の軍勢との戦いが巻き起こるとのことです。Steamストアページでは「未公開の一人称視点ファンタジーホラー」との記述が見られ、これまでとは一風変わった内容となることがうかがえます。

このほか、探索要素のある新たなダンジョンアリーナや武器が登場。単独か協力プレイで、奈落の底から這い出てくるどう猛な敵と戦うことになります。

『Dying Light』新DLC「Hellraid」は、PC/PS4/Xbox One向けに2020年夏リリース予定。詳細な日時や価格は未定です。