Jujubeeは、“コロナウイルス”感染阻止リアルタイムストラテジー『COVID: The Outbreak』を発表しました。
※ゲーム内に登場するものは“コロナウイルス”、現実世界で流行しているものは新型コロナウイルスと表記しています。

本作は、“コロナウイルス”が世界的に流行する世界で、架空の団体である世界保健機関(GHO)のトップとして人類を救うリアルタイムストラテジーゲーム。感染能力・潜伏時間・薬剤耐性などが変異するウイルスに対抗して研究プロジェクトを立ち上げ、学校や空港の閉鎖、予防接種の義務化などの緊急命令でウイルスの感染を防ぎます。


その他にも偽物のニュース、物資の大量備蓄など予測不能なイベントも発生。資金、スタッフ、医学、研究の優先順位を管理しながら、“コロナウイルス”によるパンデミックの脅威を体験できます。なお、本作はWHOや専門家が公開している情報に基づいて制作されているとのことです。






『COVID: The Outbreak』は、Steamにて5月30日より配信予定。なお、日本語には対応していません。また同社は、現在の新型コロナウイルスに関する大きな問題を受けて、Steam上での5月と6月の売り上げの20%を、新型コロナとの戦いをサポートする慈善団体へ寄付するとしています。