「The Game Awards」のプロデュースなどで知られるゲームジャーナリストのGeoff Keighley氏は、「Summer Game Fest」なるオールデジタルのゲームイベントを5月から8月にかけて開催することを発表しました。

本イベントでは様々な最新ニュース、ゲーム内イベント、プレイアブルなコンテンツやデモなどの公開が予定されており、現時点で2K、Activision、バンダイナムコ、Bethesda、Blizzard、Bungie、CD Projekt RED、Digital Extremes、Electronic Arts、Microsoft、ソニー、スクウェア・エニックス、Private Division、Riot Games、Steam、Warner Bros.の参加が決定。今後数週間でさらなる参加企業が伝えられるとのことです。

PHASE 1 pic.twitter.com/GLM0huFLBg— summergamefest (@summergamefest) May 1, 2020
2月にはE3 2020への不参加を表明していたGeoff Keighley氏(E3 2020は後に開催中止が発表)。今回のイベントについては「何かをするために何千ドルもかけて航空券やホテルの部屋を取る必要はありません。世界中の誰もが利用できるというのが私がこれまでにやってきた全てのことの指針であり、今後も継続していくと思います。Summer Game Festが2021年に戻ってくるのか、それとも通年のものとなるのかは分かりませんが、私は常にパブリッシャーと協力して仕事をしています」と語っています。