PLAYISMは「INDIE Live Expo 2020」において、『Chinese Parents』、『片道勇者プラス』、『箱庭えくすぷろーらもあ』の3作品を国内ニンテンドースイッチ向けに発売することを発表しました。

なお、Steam版『Chinese Parents』については「中華ゲーム見聞録」にて詳細に取り上げているので、興味がある方はリリース時のプレイレポート、「女の子バージョン」追加時のプレイレポートをチェックしてみてください。

■『Chinese Parents』日本語版Nintendo Switchに登場!爆発的なヒット作となった中国の代表的なインディーゲームがNintendo Switchに日本語版で登場!

中国の子育てをテーマにした、大学入試までの18年間の人生を楽しむユニークな人生シミュレーターです。
物語や登場人物が紡ぎ出す、さまざまな体験があなたを待っています。

■『片道勇者プラス』、Nintendo Switchに登場!6/7 0時より、あらかじめダウンロードスタート!

左から闇に飲み込まれていく世界を右に旅しながら魔王を倒す、強制横スクロールRPG!
PCフリーゲームより出発し、Steamで『片道勇者』・『片道勇者プラス』として発売され、累計50万DLを突破した名作がついにNintendo Switchに登場。
1ゲーム平均30分ほどで遊べる一方通行の冒険に挑戦してみてください。

ニンテンドーeショップ | https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000027923

■『箱庭えくすぷろーらもあ』、Nintendo Switchに登場! 6/7 0時より、あらかじめダウンロードスタート!

可愛い女の子のモンスターに殴られたり、ヒップアタックされたり巻きつかれたり、ちゅっちゅ吸われたり、食べられたりするアクションRPG。
あなたを導く「すく水」とともに、うごめくドット絵で描かれたクオータービューの世界で、たくさんのダンジョンを攻略しましょう。

ニンテンドーeショップ | https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000027553