仕事や家事、恋愛……と毎日頑張っているからこそ悩みは尽きないもの。GATTA読者のみなさんから寄せられた“ホンネ相談”に、SNSを中心に人気を集めるコラムニストのぱぴこさんがおくるアドバイスは……?

今回のお悩み

「上司から昇格を提案されました。でも、将来誰かと結婚することを考えると、今の仕事でも忙しいのに、さらに忙しくなる“昇格”の道を選ぶのが怖いです。もちろん今の仕事は楽しいし、続けたいと思うのですが子育て、家事……を考えると尻込みしてしまいます。キャリアと結婚、どちらも諦めたくないのはワガママなんでしょうか?」

昇進一択!「今、自分がどうしたいか」を考えて

出典: Pangaea / PIXTA(ピクスタ)

「キャリアか結婚か」働く女性のTHE王道な悩みですが、最初に筆者の結論を言うと“昇進一択”です。なぜか? 断る理由が「理由になっていない」からです。

計画に「不確定な未来」を入れ込むのはやめよう

気持ちはわかります。筆者も過去、似た悩みを持ったことがあります。しかし、言っていることは「宝くじが当たるかもしれないから、昇進を断ろうかな?」という内容と本質的には変わりません。

誰かが「宝くじが当たるかもしれないから、昇進を断ろうかと悩んでいる」と相談してきたら「え?」と思いますよね。「宝くじ、当たったの?」と聞くと「当たってないし、買ってもいないけど、でも当たるかもしれなくて。そうしたら仕事を辞めるかもしれないし……」と返される。おそらく、「どうしたんだ?」と目をパチクリされるでしょう。

「結婚と宝くじを一緒にしないで!」と怒られるかもしれませんが、実は言っていることは同じです。なぜなら、現在自分がコントロールできないイベントを根拠に意思決定をしようとしているからです。

今の不安は、何から発生した不安ですか?

相談文に散りばめられている「昇進、結婚、子育て、家事」という要素は、ひとつひとつが重く、悩みの種になるものですが、それぞれ独立して考えるべきです。また、「仕事に没頭するがゆえに結婚を逃す」などの悪説も、影を落としているのでしょう。

しかし、今の悩みで“自分が決めて進められるものはどれか”を整理してみましょう。具体性があるのは、目の前の“昇進”です。これは、自分の決断で確定させられる未来です。では、昇進における具体的な悩みはなんでしょうか? 「忙しさが増すこと」「求められる責任や成果が重くなること」などが想定されます。

上記は、昇進を断るほどの理由になりますか? 個々人の判断なので再考してほしいですが、相談者さんが昇進を断ろうとしている理由は、昇進に紐づいて「これ以上忙しくなったら、婚期が遠のくのでは?」「今も家事ができていないのに育児なんて無理なのでは?」という、結婚に紐づいた不安です。

この不安の出所は「まぜるな、危険!」なので、ちゃんと分解しましょう。

女性は「発生していない未来の不安」で悩む傾向が強い

女性は管理職に推薦されたり、転職オファーがきたりしたときに、「結婚との両立が難しいだろう」という不安から断ることをよく耳にします。結婚が具体的でない場合でも、それらを理由にすることは多い。今の相談者さんの状況はまさに、“心配しすぎて昇進を断る女性”のパターンと一致しています。

昇進して無理なら再度検討すればいい

最初に記載した通り、筆者は“昇進を受けるべき”派です。理由は「無理だったら、そのときに再度検討すればいい」と考えるからです。昇進は能力以外にも、景気動向など運の部分もあるので、あがれるときにはあがって、無理だと思ったら下げればいいんです。

昇進にはメリットもあります。偉くなると“自分の好きにできる”範囲が広がるため、自分の時間を作りやすくなります。将来の結婚へのマイナス影響ばかりに目を向けてしまっていますが、経済力が武器になることも多々あります。

 

女性の結婚とキャリアは、“どちらかを選んだら、どちらかを捨てねばならないもの”ではありません。今自分が選べるもの、それに対して「自分がどうしたいか?」をシンプルに考えてみましょう。

【画像】
※zak、Pangaea / PIXTA(ピクスタ)