一世を風靡した“萌え断”は断面が美しくインパクトがありますよね。それだけでなく栄養素の高い野菜やフルーツをたっぷり取れるので、健康志向の高い女子におすすめなんです。

今回は都内で買える“萌え断”パンを厳選してご紹介します。

1:ダイワ / 中目黒

出典: GATTA

中目黒駅から徒歩約3分。愛知県にある「ダイワスーパー」の人気商品・フルーツサンドの専門店が東京に2020年3月にオープン。

“八百屋の作る本気のフルーツサンド”をコンセプトに、毎朝市場で良い状態の果物を選んで仕入れているんだとか。季節限定のフルーツも多いため、何が食べられるかは当日行ってからのお楽しみ。

新鮮でみずみずしい旬のフルーツを挟んで提供しているのが話題になり、休日は1時間待ち以上の行列ができるほどの人気。待ち時間ではタイミングが良ければ、フルーツを提供してくれるので待っているのも苦じゃないですよ。

その日のおすすめ商品をスタッフさんが教えてくれます。筆者が気に入ったのは『バナP』。聞くとスタッフの中で1番の人気商品なんだとか。バナナと生クリームにピーナッツクリームが塗られていて、甘みとピーナッツの塩味がクセになる味わいです。定番メニューなので常時あります。季節限定商品と合わせて買うのが良いですね。

【店舗情報】
『ダイワ』
住所:東京都目黒区上目黒1-13-6

 2:Tokyo Kenkyo / 渋谷

出典: GATTA

渋谷駅または代官山駅から徒歩約10分、3階建てのカフェになっていてまるで隠れ家のようなカフェです。

メニューはサンドイッチを中心とした洋食に加えて和定食も提供しているという幅広いラインナップ。自家製のソーダやフレンチトーストはお店の看板メニューなのだとか。イートインはもちろん、テイクアウトも可能です。

そのなかでもおすすめなのは『生モッツァの極厚豚ヒレサンド』。5㎝ほどある極厚のカツの中からモッツァレラチーズが溢れ出しています。ボリューミーな見た目とは裏腹に、ヒレ肉を使っているので脂身が少なくさっぱりとし他仕上がりになっていて女性でもぺろりと食べられますよ。

パンの表面は焼かれているので香ばしくカリッとした食感がたまらないです。自家製のソースとの相性抜群。サイドにポテトが付いているのもうれしいですね。

朝8時からやっているのでモーニング利用や出勤前に買っていくのも。

【店舗情報】
『Tokyo Kenkyo(トウキョウ ケンキョ)』
住所:東京都渋谷区南平台町7−9

3:POTASTA / 東京ドーム

出典: GATTA

水道橋駅から徒歩約6分の東京ドーム内にあります。

素材のおいしさを伝えるためのシンプルな味付け。ライ麦パンが使用されています。旬の食材を取り入れた季節のメニューやイベント限定のサンドイッチ、食事系からスイーツ系常時10種類前後並んでいて、見ているだけでワクワクします。

なかでも目を惹くのは定番メニューで人気の高い『スクランブルエッグベジタブル』(写真左)。丸められたレタスとたっぷりのスクランブルエッグにケチャップで味付けしたサンドイッチです。レタスはザクザクと食感が良く、スクランブルエッグはとろとろで甘いです。

スイーツサンドなら『ストロベリーホワイトチョコレート』(同右)がおすすめ。プチシュー、ホイップ、イチゴを挟み、ホワイトチョコとフィアンティーヌがアクセントになっています。甘みと酸味が兼ね備えてあるサンドイッチです。

【店舗情報】
『POTASTA(ポタスタ)』
住所:東京都文京区後楽1-3-61

 

都内で“萌え断”パンが買えるお店をご紹介しました。どのパンも萌え断なだけでなく、食材のおいしさを生かしています。

ぜひ食べてみてください。