松山英樹1年ぶり予選落ち ウッズとマキロイも

松山英樹1年ぶり予選落ち ウッズとマキロイも

◇メジャー第4戦◇全英オープン 2日目(19日)◇ロイヤルポートラッシュ(北アイルランド)◇7344yd(パー71)

1打差の2位で出たシェーン・ローリー(アイルランド)が6バーディ、2ボギーの「67」で回り、首位発進のJ.B.ホームズと並んで通算8アンダーで首位に立った。

通算7アンダーの3位に2017年欧州ツアー年間王者トミー・フリートウッド、リー・ウェストウッド(ともにイングランド)。通算6アンダーの5位にジャスティン・ローズ(イングランド)ら3人。ブルックス・ケプカ、17年大会優勝のジョーダン・スピースらが通算5アンダーの8位で続いた。

日本勢は8人が出場。稲森佑貴と浅地洋佑が通算1オーバーの58位で予選を通過した。

42位から出た松山英樹は3バーディ、3ボギー1トリプルボギーの「74」と落とし、通算3オーバーの87位。2年連続で決勝ラウンドに進めなかった。米ツアーで予選落ちを喫したのはそのとき以来で、1年ぶりとなった。

地元のロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算2オーバーの74位、タイガー・ウッズは通算6オーバーの119位で、いずれも予選落ちした。

<日本人選手の成績>
58/+1/稲森佑貴、浅地洋佑
―以下予選落ち―
74/+2/金谷拓実
87/+3/松山英樹
98/+4/藤本佳則
107/+5/堀川未来夢
139/+9/池田勇太
146/+10/今平周吾


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索