渋野日向子が初出場 第50回大会は装いを新たに開催

渋野日向子が初出場 第50回大会は装いを新たに開催

◇国内女子◇デサントレディース東海クラシック 事前情報◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

主催するデサント社は、大会名称を傘下ブランドの「マンシングウェア」から社名へと変更し、装いを新たに第50回目の記念大会を迎える。会場は例年と同じく、愛知県西南部の知多半島にある新南愛知CC美浜コースで開催。108人が賞金総額8000万円を争う。

ディフェンディングチャンピオンは香妻琴乃。後続を1打差で振り切る通算15アンダーでツアー初優勝を飾り、喜びの涙を流した。2017年の川岸史果に続く、2年連続での初優勝者誕生となった。初日は今季4勝の鈴木愛、8月にツアー初優勝を挙げた21歳の浅井咲希と同組になった。

今年は、8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制して注目の存在となった渋野日向子が大会に初出場する。昨季の3日間大会においてシーズン最多1万9943人のギャラリーが動員した実績があるだけに、大きな盛り上がりが期待できそうだ。初日はともにツアー2勝目を狙う新垣比菜、原英莉花との注目組でティオフする。

賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)、今季2勝の勝みなみ、ツアー初優勝を挙げた河本結や小祝さくららツアーを席巻中の“黄金世代”たちがエントリー。3週前の「ニトリレディス」で優勝を争ったアマチュアの安田祐香(大手前大1年)が推薦で出場する。

2日目の21日(土)には大会恒例のドライビング女王コンテストを実施。公募により最大20人が出場し、1位の選手には賞金100万円(2位:30万円、3位:20万円)が贈られる。

<主な出場予定選手>
香妻琴乃、青木瀬令奈、浅井咲希、新垣比菜、アン・ソンジュ、李知姫、イ・ボミ、稲見萌寧、上田桃子、柏原明日架、勝みなみ、河本結、小祝さくら、渋野日向子、申ジエ、鈴木愛、成田美寿々、原英莉花、比嘉真美子、三浦桃香、横峯さくら、渡邉彩香、安田祐香(アマ)


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索