シブ・カプールら3人が首位で決勝ラウンドへ 水野眞惟智は予選落ち

シブ・カプールら3人が首位で決勝ラウンドへ 水野眞惟智は予選落ち

◇アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 3日目(16日)◇クラシックG&CC (インド)◇7114yd(パー72)

地元インドのシブ・カプール、アダム・ブライスとテリー・ピルカダリスのオーストラリア勢が通算10アンダーの首位に並んだ。2日目まで悪天候に見舞われた大会は、17日に決勝ラウンド36ホールを行う予定。

シディクール・ラーマン(インド)と洪健堯(台湾)が通算8アンダーの4位で続いた。

水野眞惟智は「74」とスコアを落とし、通算イーブンパーの68位で予選落ちした。


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る