◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 初日(16日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71)

国内男子ツアーの2020年シーズンが、アジアンツアーとの共同主管競技としてシンガポールで開幕。午後3時30分から1時間15分、雷雲接近のため中断され、午後7時2分に日没サスペンデッドが決まった。出場156人のうち46人がホールアウトできなかった。

午前中にティオフした20歳のコウスケ・ハマモト(タイ)が6バーディ、ノーボギーの「65」をマーク。6アンダーで暫定首位に立った。

1打差の暫定2位にいずれも18ホールを完了した星野陸也、マット・クーチャー、リチャード・T・リー(カナダ)、ガン・チャルングン(タイ)の4人がつけた。4アンダー暫定6位に連覇を狙うジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)ら3人が続いた。

3アンダー暫定9位グループにジャスティン・ローズ(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら6人が並んだ。

昨年賞金ランク3位の石川遼は3バーディ、1ーボギーの「69」で回り、池田勇太、市原弘大、稲森佑貴らと同じ2アンダーの暫定15位タイで終えた。

2日目は午前7時40分に第1ラウンドを再開し、第2ラウンドは同8時に開始する予定。