新型コロナウイルスの影響で開催中止となった「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」(茨城GC東コース/茨城)の特別番組が10日、日本テレビ系列で放送された。鈴木愛が近況を明かしたほか、渋野日向子が初優勝を飾った前年大会をビデオ出演して振り返った。

昨季2度目の賞金女王になった鈴木は、シーズン中に左手首などの怪我の影響で戦線離脱し一時は「ゴルフをやる意味が分からない」と迷走する日々もあった。最終戦「リコーカップ」が終わると「(賞金女王になれて)嬉しいのはもちろんですけど、やっと今シーズンが終わった。やっとこの地獄から抜けられると思った」と笑って振り返った。

トーナメントの開催が不透明となっているなか「今のうちに体力的にも気持ち的にも温存しておこうと思うので、ゴルフの練習は全くしていないです」とし、パフォーマンスの向上につながる食事管理の資格、アスリートフードマイスターの勉強に励んでいるという。自炊を日課とし、プデチゲを作る様子を見せた。

渋野は涙の優勝を挙げた前年大会を映像とともに振り返り「この優勝があったからこそ全英にも出られた。あそこでちょっと自信を持てたのは大きかった」。現在は岡山県の自宅で過ごし、愛犬と過ごしたり「(練習用の)ネットを作ってもらって、そのネットで練習したりしています」と話した。