◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 3日目(27日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72)

43歳の大山志保は大きなマスクを着用してプレー。6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算2アンダーの34位で最終日を迎える。

この日は、ティショットが木の根元についた8番(パー5)で「10以上打ったような気がしました」とダブルボギー、難関の9番(パー3)でボギーを喫し、上がり2ホールで3つスコアを落とした。

しかし「支えてくれる人ができて、気持ちが強くなった。苦しいときも乗り越えられる」と表情は明るい。ツアー18勝の大山は今年2月、かねて交際していた一般男性と結婚。「苗字が変わって初めての試合」と、約4カ月遅れとなったシーズン開幕戦に臨んでいる。

「優しく、明るく、笑いが絶えない」という夫とは、開幕前日に1時間半ほど電話をしたという。「(長電話に)付き合ってくれて、他愛のない話をしています」と照れた。

今大会では、2歳下の李知姫(韓国)が史上2人目の生涯賞金12億円突破を確実にした。「李知姫選手はモチベーションも高く、体のケアも怠らない。私も上を目指して頑張りたい。同世代の方たちにも見てほしい」。上位に若手がそろう中、ベテランの意地を見せる。