2008年 有村智恵が涙の初優勝

「プロミスレディスゴルフトーナメント」で有村智恵が初優勝を上げた。3打差2位からスタートした不動裕理に前半を終えて通算11アンダーで並ばれたが、10番で3mのバーディパットを沈めるなど後半に3バーディを奪い、2位に5打差をつけて頂点に立った。

「優勝しても自分は泣かないだろうな」と話していた有村だったが、グリーンに駆けつけた三塚優子や原江里菜の祝福を受けると、大粒の涙を流した。3位に終わった不動は「まあ上出来です。(有村は)初優勝という雰囲気を感じさせないプレーでしたね」とたたえた。