19歳の中国賞金女王 注目度急上昇のセキ・ユウティンはどんな人?

19歳の中国賞金女王 注目度急上昇のセキ・ユウティンはどんな人?

昨季中国女子ツアーの若き賞金女王が、ルーキーとして戦う日本ツアーで奮闘中だ。昨年末のファイナルQTを16位で通過し、今季の出場権を得た19歳のセキ・ユウティン(中国)。今季3試合目の「Tポイントレディス」(鹿児島県・鹿児島高牧CC)で2回目の予選通過を果たし、48位タイで3日間を終えた。

中国籍ながら、生まれたのは日本の福井県。5年間を過ごした後、父の転勤に伴って中国に移り住んだ。ゴルフ好きの父の影響で7歳からクラブを握る。ナショナルチームにも所属したトップアマ時代を経て、2014年にプロ転向。16年にツアー初優勝を含む4回のトップ3入りを果たし、わずか3年目で母国の賞金女王の座に上り詰めた。

日本語も少し話せる。幼少期の記憶は今も鮮明で「5歳まで過ごした日本の雰囲気や食べ物に馴染みがあったし、いつか日本ツアーに参戦したいと思っていた」と、郷愁を常に抱いていたという。昨年の中国ツアー賞金タイトルもきっかけになり、「日本はレベルが高いけれど、挑戦しようと思った」と決意した。

そんな彼女が戦っていた中国ツアーはどんなものか、少し調べてみた。例年3月上旬〜12月中旬までスケジュールが組まれ、17年は米国や韓国などの他ツアーとの共催を含めて16試合を実施。賞金は日本ツアーに比べるとかなり安く、昨季にセキが手にした年間賞金額は、日本円にして約1031万円。試合数、賞金ランク1位の賞金ともに、日本の下部ステップ・アップ・ツアーをやや下回る規模だ。

開催コースについては「中国もしっかりメンテナンスがされていてきれい。日本とあまり変わらない」と話す。日本のグリーンは、かなり硬い印象があるという。最も違うのはギャラリーの数。「日本はギャラリーが多くて緊張する。でも、みんなちゃんとルールを守ってくれるのでうれしい」と微笑み、観戦マナーに感心しきりだった。

中国とは異なる環境やコースコンディションも「少しずつ慣れてきた」と、体に馴染んできた。中国ツアーよりも高額な賞金については「お金のことは考えていない」と関心は薄く、「まだまだ勉強をしないといけない」とスキルアップに意識を傾ける。今季はスポンサーがからむ中国ツアーに4試合出場する予定だが、それ以外は日本ツアーに集中する。「まずは賞金50位以内に入ってシードを獲りたい。慣れてきたら優勝もしたい」と、抱負を語った。(鹿児島県姶良市/塚田達也)

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

04時02分更新

社会のニュースをもっと見る

00時30分更新

経済のニュースをもっと見る

21時23分更新

政治のニュースをもっと見る

22時34分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

01時23分更新

エンタメのニュースをもっと見る

20時56分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時54分更新

トレンドのニュースをもっと見る

14時57分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時20分更新

生活術のニュースをもっと見る

12時00分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索