メジャー今季最終戦 前週Vの松山英樹は優勝予想1位で乗り込む

メジャー今季最終戦 前週Vの松山英樹は優勝予想1位で乗り込む

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 事前情報◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7442yd(パー72)

2017年のメジャー最終戦は10日(木)から、ノースカロライナ州シャーロット近郊のクエイルホロークラブで開催される。米国本土南部で行われる真夏のゲームは酷暑との戦い。前週の「WGCブリヂストン招待」でツアー5勝目を挙げた松山英樹は、PGAツアーの優勝予想番付で1位に推されて乗り込んでくる。

前週の「WGCブリヂストン招待」最終日に“61”で逆転勝ちして勢いに乗る松山は、PGAツアーの公式ページで優勝予想1位に挙げられ、「彼の番だ。前週にショットが改善し、ギアが1段上がった。日本人初のメジャー優勝者となる準備はできている」とコメントされた。

前年大会は、ニュージャージー州のバルタスロールGCで行われ、初日から首位を走ったジミー・ウォーカーがメジャー初制覇。連覇を狙ったジェイソン・デイ(オーストラリア)の追い上げを1打差で振り切った。2015年大会のデイから7戦連続で続いてきたメジャー初優勝者誕生の流れは、3週前の「全英オープン」でジョーダン・スピースがストップ。新たな潮流が生まれるか、注目が集まる。

今年の舞台であるクエイルホロークラブでは、2003年以降、5月に「ウェルズファーゴ選手権」が開催されている(今年はメジャー開催を控えて、ノースカロライナ州のイーグルポイントGCで行われた)。最近の優勝者には、ツアー初優勝含め2勝(10年、15年)のロリー・マキロイ(北アイルランド)、同様にツアー初優勝(12年)を挙げたリッキー・ファウラーらがいる。

松山も当地での「ウェルズファーゴ選手権」に過去3回出場。いずれも4日間を戦い、2016年には11位に入った。美しい林間コースで待ち構えるのは“グリーンマイル”の異名を持つ終盤3ホール。ツアー屈指の難度を誇る連続する3ホールがドラマを演出しそうだ。谷原秀人、池田勇太も今季4大会目、小平智は今季2大会目のメジャー出場となる。

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索