松山英樹1打差2位で最終日へ 小平智18位に浮上

松山英樹1打差2位で最終日へ 小平智18位に浮上

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 3日目(12日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

首位で出た松山英樹は1バーディ、3ボギーの「73」で回って、通算6アンダーの2位に後退した。日本人初のメジャー制覇をかけて、1打差を追う。

「プレッシャーは少なからずある。でも自分のベストのコンディションでいければ(プレッシャーを)感じなくなると思う。しっかり休んで、スタートまでにバッチリになっていたら良いと思う」と話した。

米2勝の33歳ケビン・キズナーが通算7アンダーで、初日からのトップを守った。クリス・ストラウドが松山と並んでいる。

ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、ジャスティン・トーマスが通算5アンダーの4位で続いた。

小平智はこの日のベストタイ「67」を出して、通算1オーバーの18位に浮上した。谷原秀人は通算7オーバーの64位になった。

<主な上位成績>
1/−7/ケビン・キズナー
2T/−6/松山英樹、クリス・ストラウド
4T/−5/ルイ・ウーストハイゼン、ジャスティン・トーマス

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索