ウッズに並んだ!同組プレーから4年 松山英樹が遂げた「61」のすごみ

ウッズに並んだ!同組プレーから4年 松山英樹が遂げた「61」のすごみ

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(6日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

「このパットを決めれば“61”。コースレコードに並びます。2013年にタイガー・ウッズが記録した数字に…」。最終18番のグリーンサイド、PGAツアーのラジオアナウンサーが口元を隠してマイクにささやいた。その直前、17番ホールを終えたときには進藤大典キャディがつぶやいていた。「英樹、タイガーに並んでよ」―――

当時を知る人はみな分かっていた。最終ホールを迎えた時点で松山英樹は1イーグル、6バーディ。最後にひとつ伸ばせば、4年前の第2ラウンドでウッズがマークした「61」が出る。しかし、本人の頭には誰よりも早く、その数字が浮かんでいた。「最後に3つ(バーディを)獲れば、そのスコアになると思っていた」。難関の上がり3ホール。18番で3mを沈めてガッツポーズを作り、その目論見は現実になった。

松山が米ツアー出場100試合目にして5勝目を挙げたのは、かねて「好きなコース。ここで勝ったらカッコいい…」と口にしてきたファイヤーストーンCCだった。毎年、トップ選手約70人が集まる世界選手権シリーズという大会の格だけでなく、ショットの精度、飛距離、多彩さ、そしてショートゲームと、すべての技術が高いレベルで求められる。さらに、ここはウッズが8勝をマークした場所だ。

世界中の同世代の選手たちと同様、松山にとってもウッズは常に特別な存在。少年時代に、宮崎での「ダンロップフェニックス」に出場したウッズの姿を目に焼きつけた。ショットやパットの際に方向を確認するため、白いボールにマジックで入れる黒いライン。「(学生のときに)何色にするかをすごく考えていたときがあるんです。でも結局、黒が一番いい。『タイガーも黒だし』って。理由がしょうもないんですけど…」。憧れの存在はいつも、上達へのモチベーションのひとつだった。

そのウッズと、松山が初めて一緒にプレーしたのがこのコースだった。プロ転向した2013年の8月。日本ツアーでは賞金王、米ツアーでは翌シーズンのシードを目指して遠征を繰り返していた。当時21歳。大会初日の練習グリーンであいさつにおもむき、握手を交わした。「引き締まっていて、硬かった」。その感触がまだ残る翌2日目、ウッズは「61」で回り、目の前の彼を「次元が違い過ぎて。小学生がプロとやっているみたいだった」と驚嘆させた。この日の松山と同じように、2番(パー5)でイーグルを決め、7つのバーディを奪って。

ロングコースとして知られるファイヤーストーンCCは、7400yd(パー70)という数字以上に残酷だ。多くのパー4でフェアウェイがグリーンに向かって段差を作りながら下っている。ティからより遠い傾斜にぶつかれば、ボールが長い時間転がって距離が出るが、キャリーの出ない選手はその洗礼を浴び続け、2打目で長いクラブを持つ展開が続いてしまう。同組の選手の飛距離に50yd近い差が出てしまうこともしばしばある。

松山はいま、そのコースが作り出す飛距離差をものともしない。今年の当地でのドライビングディスタンスは305.2yd(パー3を除く14ホールでの第1打の平均飛距離)。4年前の283ydから進化を遂げた。東北福祉大のユニフォーム姿でプレーした当時からウエアのサイズアップを繰り返し、強靭な肉体とスイングを作り上げてきた成果だ。

「4年前、タイガーと一緒に回ってこのコースで『61』は信じられないと思ったけれど、自分の力が少しずつ付いてきて、きょうそういうゴルフができてうれしい」

今大会と次週のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」という夏場のビッグトーナメント2連戦で、現行スケジュールとなった2007年以降、連勝したのはウッズと、その後継者のひとりとして名前が挙がるロリー・マキロイ(2014年)しかいない。

松山英樹にも、その資格はきっとあるはずだ。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索