“4度目の正直”へ 谷原秀人&池田勇太はまずまずの滑り出しにも不満顔

“4度目の正直”へ 谷原秀人&池田勇太はまずまずの滑り出しにも不満顔

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 初日(10日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

「マスターズ」「全米オープン」「全英オープン」と、今季3度のメジャーでいずれも予選落ち。メジャー最終戦での活躍が期待される谷原秀人は「71」でイーブンパー25位、池田勇太は「72」として1オーバー33位タイでスタートした。

「今までで一番長い」と谷原が警戒していたロングコース。予想されていた雨が降らず、フェアウェイでボールが転がり、2打目以降の距離が短くなった。1オーバーで迎えた前半5番で4mを沈めてバーディ。その後2つボギーをたたいた後、後半15番(パー5)では残り266ydから3Wでピンそば2.5mをとらえてイーグルを奪取した。

トップとは4打差のスタートとなったが、ショットやパットの細かいミスが谷原を笑わせない。「晴れている分、練習ラウンドよりは距離はなかったですけど、その分グリーンが硬くなって難しかった。ジャッジが甘い」と難しい表情。「あしたは(全体の)トップスタート。湿度もあってボールが飛ばないと思うので、その辺を考えてやっていきたい」と厳しく2日目を見据えた。

インスタートとなった池田は中盤18番で2m、1番で4mのパーパットを沈め、続く2番でバーディを奪ったが、その後のダブルボギーを悔やんだ。
今大会に合わせて新設された4番(パー3)は面が5つある難グリーンで、奥から5mのパーパットを外すと、返しの1m強も外して3パット。「順目のスライスで打った直後にすごく切れた」という。「ちょっと残ったときのパーパットを決められるかが大事。難しいところに切ってあったが、それはどこも一緒。ボギーで良いところをダブルボギーにした自分のミス」。7番(パー5)で2オンからバーディを決めても、オーバーパーの出だしに満足いくはずがなかった。

「予選通過が目標じゃない。そこを見るよりも、しっかりプレーして、結果が後からついてきてくれれば」と池田。目指すのはあくまで内容が伴う上位での戦い。まずはきっちり決勝ラウンドへの切符を手にしたい。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索