豪州から来た19歳ルーキー カリス・デイビッドソンって?

豪州から来た19歳ルーキー カリス・デイビッドソンって?

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日(11日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

通算4アンダーの9位タイと、開幕2戦目で初のトップ10入りしたカリス・デイビッドソン。その名前に、あまり見覚えがないゴルフファンは多いかもしれない。それもそのはず、昨年末の最終予選会(QT)を11位で通過したオーストラリア国籍の19歳で、日本ツアーに加わったばかりのルーキーだ。

生まれはスコットランド南部の小さな町・メルローズだが、9歳のときに家族とともにオーストラリアのゴールドコーストに移り住んだ。父の手ほどきでクラブを握ると、ゴルフにのめり込んだ。

実力は母国で折り紙つきのようで、将来有望なアマチュアがそろう同国出身のカリー・ウェブ主催のジュニア大会で2勝。プロ転向後の今年2月には、オーストラリア女子ツアーの大会で、優勝した世界ランキング16位のミンジー・リーに続く2位に入った。

同郷の先輩リーと同じく、米ツアーを主戦場にする考えもあったが、選んだ先は日本ツアーだった。「ゴールドコーストには多くの日本人が住んでいて友達もたくさんいる。みんな親切で日本の文化やスタイルが好きになった。まだ若いから、まずは日本のツアーに行ってみたかった」。いずれは「米ツアーも挑戦してみたいけど先はあんまり考えていない」という。

憧れの選手はタイガー・ウッズで、得意クラブはパター。開幕戦から2試合の平均パット数1.8472は、全体で8位を記録している。

性格は「とりあえずなんでもやってみる。日本食も大好きで、なんでもチャレンジして食べる」と自己分析。今のところ生活で困ることはないという。一方で「唯一、風だけがね」と苦笑い。初日には最大瞬間風速21.1m/sを記録したこともあり、「こんなにオーストラリアでは吹かないわよ…」。

1998年生まれで、日本では畑岡奈紗、勝みなみ、新垣比菜といった“黄金世代”と同学年。仲が良い選手は「ジュニアの大会でよく会っていたから奈紗」と言い、「ダイキンオーキッドレディス」では中止となった3日目に、畑岡とともにシーサーの絵付けを行ったという。「いまのところすごくエンジョイしているわよ」と、まだ幼さを残す快活そうな表情を向けた。(高知県香南市/林洋平)


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索