2位発進の比嘉一貴 光った120ydのマネジメント

2位発進の比嘉一貴 光った120ydのマネジメント

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(17日)◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7124yd(パー72)

昨年11月にプロ転向した比嘉一貴が、レギュラーツアーのプロデビュー戦で華々しいスタートを切った。最初の1番から3連続バーディとして流れに乗り、6バーディ、2ボギーの「68」。首位と1打差の4アンダー2位発進とし、「もう少し緊張するかと思ったけど、いつも通りでした」と強心臓ぶりを披露した。

東北福祉大学出身の23歳。2016年「日本オープン」ではローアマ(14位)に輝くなどツアーでも活躍したほか、ナショナルチームの常連メンバーとして世界各地を転戦した。しかし、周囲の高い期待を受けて臨んだ17年のQTではサード(三次試験)で過少申告により失格となり、今季のツアー参戦への道が絶たれた。今週は予選会を突破しての出場となる。

158cmと小柄ながら、鍛え上げられた肉体に秘めるパワーも魅力。だが、この日は一貫して「セーフティに行く」堅実なマネジメントが光った。昨年のセカンドQT(二次試験)で同じコースを回り「ドライバーでガンガン攻めてスコアを落とした」という苦い経験を踏まえたものだ。

1Wを握ったのは3ホールのみ。パー5では2オンを狙わず、52度のウェッジで一番止めやすいという120ydの距離を残すマネジメントに徹した。2番(582yd)では3W、6Iと刻んで120ydを残し、ピンそば20cmにつけてバーディ。15番(567yd)でも1打目、2打目と3Iを使用し、同じく120ydから10cmに絡めて6個目のバーディとした。

今季の主戦場とする予定のアジアンツアー下部のADTツアーでは、初出場の4月末「BTIオープン」(バングラデシュ)でプロ初優勝を飾った。来週もタイに飛んで再びツアーに出場予定だが、今週10位タイまでに入れば次週「ミズノオープン」の出場権が得られる。(兵庫県小野市/塚田達也)

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索