シニア入りまで2年半 野仲茂が狙う2勝目の価値

シニア入りまで2年半 野仲茂が狙う2勝目の価値

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(17日)◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7124yd(パー72)

47歳のベテランが思い出の舞台で気を吐いた。2010年大会でツアー初優勝を飾った野仲茂が5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、自身初めての単独首位スタート。「上出来です。一番上に立って調子が悪いとは言えません」と、表情を緩ませた。

2014年にシード権を失ってから下部ツアーを主戦場とし、今季は同ツアー賞金ランキング5位の資格で出場。レギュラーでは長く上位争いから離れていたが、「関西のほうが、なぜか成績がいい」という相性の良さもある。「フェアウェイは狭いし技を使うコースが多い。距離はそれほど長くないし、こういうセッティングは好きですね」。優勝した10年大会の田辺カントリー倶楽部(京都府)も「同じようなコースで難しかった」と回顧した。

不振が続いていたアイアンの復調も大きかった。火曜日の練習ラウンドをともにした鈴木亨から、ショット時のアドレスが「左を向きすぎている」とのアドバイスを受けて精度アップ。「真っすぐ飛ぶようになってチャンスにつけられた」という5バーディは、すべて3m以内につけたものだ。

50歳まで約2年半となり、シニアツアーへの意識も高まってきた。「もう、いい歳だからね。何とかシニアまで、レギュラーにかじりつきたいと思っています」。ツアーを主管する日本プロゴルフ協会の規定によると、レギュラーツアー2勝以上のプレーヤーは、本人が指定する1シーズンの出場権を得ることができる。野仲は通算1勝で、現状のままだとシニア参戦にはQTを突破する必要がある。「2勝目を挙げられたらいいですね」とモチベーションを高めた。(兵庫県小野市/塚田達也)

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索