時は来た 号泣のリベンジに燃える西村優菜

時は来た 号泣のリベンジに燃える西村優菜

◇2018トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL 3日目◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(愛知県豊田市)◇男子6843yd(パー71)、女子6130yd(パー72)

団体戦女子でトップの韓国を1打差で追った日本は、この日チームスコアを5つ伸ばして逆転に成功。通算14アンダーとしてトップ争いを繰り広げる2位韓国に6打差をつけ、3年ぶりの優勝へ王手をかけた。“優勝”へ人一倍思いを寄せるのが、昨年に続き2度目の出場で、個人戦も1打差2位につけている西村優菜(大阪商業大高3年)だ。

この一年、昨年大会の悔しさは、西村の胸中に何度もがよみがえったという。記憶はいまも鮮明だ。3日目を終えて個人戦で首位、団体戦でも首位の米国を2打差で追う展開だった。だが、最終日に「75」と崩れて、優勝の2文字を個人でも団体でもつかみ損ねた。こぼれだした涙はなかなか止まらなかった――。そして今年、同じように優勝を視野にとらえて3日目を終えた。「やっとリベンジするチャンスが来た。明日もしっかりアンダーでプレーしたい」との言葉にあふれ出る意気込みがにじんだ。

気力は十分だが、連戦による不安材料もある。先月、今大会と同じコースで行われた国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」に推薦出場(20位)した後、左手に違和感から病院へ行き、左親指付け根の疲労骨折と診断された。今は痛み止めを飲みながら、朝晩に超音波の医療機器を使って症状の緩和に努めているという。今日もスタート前に痛み止めを飲んだものの、「スイングの切り返しで負荷がかかると痛みが出て、タイミングがズレる」と、終盤の15番パー3、17番パー4をボギーとした。

一方で、ジョーダン・スピースのストロークにヒントを得たというパッティングには冴えを見せている。7番からの4連続を含む6バーディを奪い、3日目は「68」。個人戦でトップと1打差の単独2位に浮上した。昨年大会で課題に挙げたメンタル面の強化はコーチをつけ、「試合に気持ちを持っていけるようになった」と手応えを感じている。何より「相手を意識しすぎることがなくなった」のが成長のポイントだと話した。

最終日もこの日に続いて、個人戦でトップを争うイ・スジョン(韓国)と同組でプレーする。何よりもまずチームの優勝を目指し、目の前の1打を追いかけて悲願達成へと突き進むつもりだ。


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索