タイ合宿で課題の暑さ対策 有村智恵は復活Vへ2打差

タイ合宿で課題の暑さ対策 有村智恵は復活Vへ2打差

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2日目(14日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588yd(パー72)

正午時点の気温32.3度。うだるような暑さへの対応も求められる中、有村智恵は5バーディ、ボギーなしの「67」として、首位と2打差の通算7アンダー8位につけた。「パットが決まればいける位置」と、6季ぶりの優勝に向けた言葉も力強い。

照りつける真夏の日差しは、「なかなか集中するのが難しい」と苦手だ。2年前にアメリカから主戦場を戻して以降も、高温多湿な日本特有の暑さを課題としてきた。「アメリカのカラッとした暑さと違う。去年の夏に免疫ができていないと感じた」という。

このオフは「夏を乗り切るための対策」として、例年アメリカで行ってきた合宿地をタイに変更。1月で気温35度にも達する常夏の国で約3週間、汗を流した。

タイでは、有村がほとんど飲まない、甘味料入りのジュースをプレー中に飲む人が多いことに気づいた。「やっぱり糖分をとることは必要だと思った」との学びから、今週のラウンド中はスポーツドリンクを中心に水分補給。「あの合宿の経験が、良い方向に来てくれたらいい」という。

昨年11月で30歳になった。若手の台頭が目覚ましい中、昨季は同じく米ツアーから撤退した上田桃子が3季ぶりに復活優勝した。「やっぱり桃子さんのそういう姿を見ると嬉しい。わたしもショットは良くなってきたので、あとはパット」。今季は6月の「宮里藍 サントリーレディス」でプレーオフ敗戦するなど、復活への手ごたえは確実に増している。合宿の成果を、久々のタイトルにつなげたい。(茨城県阿見町/林洋平)


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索