【明日まで】Nintendo Switchをひと足先に遊べる体験会がすごい!

【明日まで】Nintendo Switchをひと足先に遊べる体験会がすごい!

2017年1月14〜15日に、東京ビッグサイトで開催される「Nintendo Switch体験会2017」の一般公開に先駆け、プレス・業者向けの体験会が1月13日に行われました。13時からは新製品のプレゼンテーションが行われ、その後14時からの体験会では、一般公開と同じ内容で体験することができました。

↑Nintendo Switchの発売日は3月3日↑Nintendo Switchの発売日は3月3日。価格は税別で2万9980円

 

Nintendo Switch本体とドック、2つのJoy-Con、ACアダプター、Joy-Conグリップ、Joy-Conストラップ、HDMIケーブルが同梱されます。

20170114-i01 (4)

今回の体験会でプレイできるゲームは、「1-2-Switch」「マリオカード8デラックス」「いっしょにチョキッとスニッパーズ」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「Splatoon2」「ARMS」など盛りだくさん。

↑会場ではプレイアブルのゲームがたくさん用意されていました。体験会当日はかなりの人出が予想されるので、絶対に遊びたいゲームを厳選しておきましょう↑会場ではプレイアブルのゲームがたくさん用意されていました。体験会当日はかなりの人出が予想されるので、絶対に遊びたいゲームを厳選しておきましょう

 

すべてをプレイしたいところですが、時間的に無理があるので、厳選した3タイトルをプレイしました。
まず、ひとつめは、Nintendo Switchオリジナルタイトルでの「ARMS」です。こちらは、バネのような伸縮自在の腕を使って、ボクシングのような1対1の戦いをするアクションゲーム。

↑Nintendo Switchオリジナルタイトルの「ARMS」↑Nintendo Switchオリジナルタイトルの「ARMS」

 

ふたつのJoy-Con(Nintendo Switchのコントローラー)を使い、Wiiのモーションコントローラーの如く、プレイヤーがコントローラーを持ちながらパンチをすることで、攻撃できます。パンチした後に左右に腕を振ることで、パンチの軌道を変えたり、両手同時にパンチすると相手を掴んで投げるなど、戦いにバリエーションがあり、単純ながら奥が深そう。直感的な操作と単純なルールなので、初心者でもすぐに楽しめるタイトルになっています。

↑Joy-Conを両手に持って、パンチを繰り出すことで、ゲーム中でも攻撃することができます↑Joy-Conを両手に持って、パンチを繰り出すことで、ゲーム中でも攻撃することができます

 

次はNintendo Switchと同時発売される目玉中の目玉、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。

↑ゼルダの伝説のコーナーにはリンクの像が立っていました↑ゼルダの伝説のコーナーにはリンクの像が立っていました

ゲーム的にはオーソドックスな「ゼルダの伝説」シリーズで、Nintendo Switchらしさはさほど感じられませんでした。でも、テレビから携帯モードに簡単に移行できるのは便利。家で遊んだ続きをそのまま外出先でもプレイできてるので、忙しくて家にあまりいない人でも遊べますね。

↑大画面のテレビでプレイ。普通の据え置き機で遊んでいるような感覚です↑大画面のテレビでプレイ。普通の据え置き機で遊んでいるような感覚です

 

↑テレビで遊んでいた続きを携帯ゲーム機で遊ぶことができます。動きもグラフィックもテレビと比べて遜色なしです↑本体をドックから外せば続きを自宅外でも遊ぶことができます。動きもグラフィックもテレビと比べて遜色ありません

 

次にテレビ画面を見ずにゲームを楽しめるという突飛な発想のゲームである「1-2-Switch」をプレイしてきました。Nintendo SwitchのコントローラーであるJoy-Conに搭載されている傾きセンサーやモーションIRカメラ、HD振動機能などを使ったミニゲームがたくさん用意されています。体験会では6種類のミニゲームが用意され、そのうち、3つをプレイすることができました。

↑ゲーム画面を見ずに相手の目を見ながらプレイするという新機軸を打ち出した「1-2-Switch」↑ゲーム画面を見ずに相手の目を見ながらプレイするという新機軸を打ち出した「1-2-Switch」

 

最初に選んだのは「ガンマン」です。「Fire!」の掛け声に合わせて、Joy-Conを相手に向けてどちらが先にL(R)ボタンを押すかを競うゲームです。準備段階ではJoy-Conを下に向けて居なければならず、撃つ時も相手に向かっていないと当てたことにはなりません。単純な上、すぐに終わるので、パーティで盛り上がること請け合いです。

↑西部劇の早撃ちをイメージした「ガンマン」。↑西部劇の早撃ちをイメージした「ガンマン」。

 

↑まずはJoy-Conを下に向け、早撃ちの準備をします↑まずはJoy-Conを下に向け、早撃ちの準備をします

 

↑Fire!の掛け声とともに、相手にJoy-Conを向け、ボタンを押します↑Fire!の掛け声とともに、相手にJoy-Conを向け、ボタンを押します

 

↑相手より速く撃てれば勝ちです。ただ、ボタンを押した時のJoy-Conの向きによっては、相手に当たらなかったという判定になったりします↑相手より速く撃てれば勝ちです。ただ、ボタンを押した時のJoy-Conの向きによっては、相手に当たらなかったという判定になったりします

 

次にプレイしたのは「カウントボール」です。Joy-Conには、HD振動機能と言う、いわゆるバイブ機能の細かい振動の変化ができる機能が付いています。「カウントボール」では、Joy-Conの中に小さな硬いボールが入っているような設定になっており、少し傾けるとボール通しがぶつかったり、ボールがJoy-Conの中で転がるようなゴロゴロ感も感じられます。繊細の動きによって、ボールを転がし、Joy-Conの中に何個のボールが入っているか当てるゲームとなっています。

↑Joy-Conの中に入っているボールの数を振動によって感じとる「カウントボール」↑Joy-Conの中に入っているボールの数を振動によって感じとる「カウントボール」

 

実際に触ってみると小さな木箱にパチンコ玉が幾つか入っているような感覚が得られ、それ自体に驚かされます。もしかしたら、Nintendo Switchでは、この機能が大化けするかもしれません。これは百聞は一見にしかずというか、体験しないとわからない感覚なので、是非とも体験して欲しいところです。

↑ちょっとした傾きでボールは動きます。ゴロゴロといった感覚があり、ボール同士やボールが壁にぶつかると、当たったような振動が発生します↑ちょっとした傾きでボールは動きます。ゴロゴロといった感覚があり、ボール同士やボールが壁にぶつかると、当たったような振動が発生します

 

↑レバーを倒して、個数を決め、テーブルにJoy-Conを置きます。両方の準備ができたら、結果発表です↑レバーを倒して、個数を決め、テーブルにJoy-Conを置きます。両方の準備ができたら、結果発表です

 

最後に体験したのは「大食いコンテスト」です。Joy-ConにはモーションIRカメラが搭載されており、ものの動きや距離を読み取ることができます。「大食いコンテスト」では、口の動きを判断し、何回噛んだかを判定し、サンドイッチを食べた個数を競うゲームです。

↑モーションIRカメラが口の動きを感知し、サンドイッチの食べた量を競う「大食いコンテスト」↑モーションIRカメラが口の動きを感知し、サンドイッチの食べた量を競う「大食いコンテスト」

 

↑この黒い部分がモーションIRカメラです↑この黒い部分がモーションIRカメラです

 

↑モーションカメラが感知できる距離は以外と短いので、かなり近づく必要があります↑モーションカメラが感知できる距離は以外と短いので、かなり近づく必要があります

 

このほか「Splatoon2」も遊びたかったところですが、残念ながら時間切れ。デモンストレーションでは、ネット対戦以外に、最大8人でのローカル対戦ができるとのことだったので、みんなでNintendo Switchを持ち寄り、仲間で対戦ができるようになります。武器やスペシャルウェポンも増えているとのことなので、ますますスプラトゥーンな日々が続きそうな気配です。
約3時間の体験会でしたが、あっという間に時間が過ぎ去ってしまったほど、熱中して楽しめました。店頭の予約は1月21日(土)からなので、これは早起きして予約しにいかないとダメでしょう!

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索