4年前は大コケ、今回は!? シャープの世界最軽量”いいトコ取り”コードレスキャニスター掃除機登場

次に買う掃除機をコードレススティックにするか、キャニスターにするか、迷っている人はいませんか? 昨今人気のコードレススティックタイプは、電源コードに邪魔されない取り回しやすさと、ゴミを見つけた時にサッと出して掃除できる手軽さが魅力。一方、床置きのキャニスタータイプは、パワーがあるので掃除の満足度が高く、掃除機本来の目的に沿う点では一日の長があります。

 

コードレスとキャニスターのいいとこ取りの製品があればいいのに……。そんな期待に応えて、シャープが「RACTIVE AIR(ラクティブ エア)」シリーズとして、コードレスキャニスターを発表。サイクロン式2モデル、紙パック式2モデルの計4モデルをラインナップしました。

20170804wada01↑発表会での展示。コードレスキャニスター式として世界最軽量モデルであることをアピールしています

 

上位モデルはバッテリーを2個付属し長時間稼働

上位モデルとエントリーモデルでは本体性能に違いはなし。ただし、付属する充電式リチウムイオンバッテリーは上位モデルでは2個、エントリーモデルでは1個となり、本体カラーは上位モデルがゴールド系、エントリーモデルはピンク系もしくはイエロー系。加えて、上位モデルにはふとん掃除パワーヘッドとジョイントパイプが付属します。
価格はいずれもオープンプライス。実売想定価格は、上位モデルが9万7200円前後、エントリーモデルが8万6400円前後で、サイクロン式と紙パック式での価格差はありません。

20170804wada02↑サイクロン式の上位モデル「EC-AS700」、エントリーモデル「EC-AS500」、紙パック式の上位モデル「EC-AP700」、エントリーモデル「EC-AP500」がいっせいに発表されました

 

高いところも楽々掃除できる世界最軽量コードレスキャニスター

実は、シャープがコードレスキャニスター掃除機をリリースするのは、今回が初めてではありません。2013年にも「EC-DX100」というサイクロン式を販売していました。収納時に丸く折り畳めるデザインは目を引きましたが、本体が重くパワーが弱かったうえ、運転時間も短いといった欠点があり、現在では生産終了となっています。

20170804wada03↑従来モデルの「EC-DX100」。残念ながら、市場であまり評価されませんでした

 

今回のRACTIVE AIRでは、上記のEC-DX100で培ったノウハウを基に、ユーザーの不満を解消し、パワーや堅牢性を犠牲にすることなくどこまで軽量化できるかに挑戦。その結果、世界最軽量となる総質量2.9kgを実現しています。

20170804wada04↑コードレスキャニスター掃除機として世界最軽量を実現。本体質量で見ると、3.5kgから1.8kgへと、およそ半分の重さにまで軽量化しました

 

開発チームを率いたシャープの奥田哲也部長によると、開発時に一番苦労したのもこの軽量化の追求だったそう。軽量化にあたっては、メインのモーター、バッテリー、電子回路、本体シャーシのすべてを徹底的に見直したとのことです。

 

「サイクロンでは、当社のコードレススティックで使用しているモーターを採用。さらに流路を最適化することで、モーターの性能をフルに引き出せました」(奥田部長)

 

また、紙パック式のモーターは新設計。従来は金属だったパーツを樹脂に変えるなどの軽量化の工夫も凝らしています。

 

実際に手に持って運転させてみましたが、とても軽いのにきちんとパワーが出ていて、パワー不足というコードレス式の不満をしっかり解消しています。コードレススティック掃除機は、棚や照明の傘、エアコンの上など、高い場所を掃除する際に持ち上げると急に重く感じるもの。その点、本機は本体を床面に置いたまま使えるので、軽く扱えるのが大きな魅力だと感じました。

20170804wada06↑ヘッドのアタッチメントを付け替え、高い場所を掃除する様子。本体の重さが右手にかからないので、疲れにくいのがポイント

 

上位モデルはバッテリー2個付属で最長60分稼働!

バッテリー性能も向上し、上位モデルの2個の入れ替え運用であれば最長60分の運転が可能。急速充電にも対応し、最短80分で満充電になります。質量はサイクロン式も紙パック式も同じ。ヘッドも共通で、特に使用感に差はないので、吸引力の持続するサイクロン式か、ゴミ捨てやお手入れの手間が少ない紙パック式か、そこだけ考えて選べばいいわけです。

20170804wada07↑サイクロン式と紙パック式をラインナップ。ちなみに、紙パックは不織布を採用した5層構造の専用のもので、5枚入り1296円で追加購入できます

 

最後に、奥田部長のプレゼンにあった少し興味深い資料をご紹介。奥田部長によると、掃除機市場における4万円以上のコード付きキャニスタータイプとコードレススティックタイプの台数構成比を調べたところ、この4年間で一気に逆転したとのこと。現在のコードレススティックの人気の高さが伺えます。

20170804wada08↑2013年度ではコード付きキャニスタータイプが圧倒していた市場は、2016年度にはコードレススティックタイプに大きく水をあけられる結果に

 

ところが、シャープユーザー向けの会員サイト「SHARP i CLUB」の3800人超の会員に、「次に買いたい掃除機」を聞いたところ、キャニスターがスティックを上回るという意外な結果になったといいます。

20170804wada09↑「キャニスター」という回答がほぼ半数の49.6%になり、「スティック」の34.2%を大きく上回ったのです。

 

奥田部長は、コードレススティックの手軽さは便利だが、しっかり掃除するならキャニスターの実用性も必要と考えて、2台を併用したいと望むユーザーも少なくないと分析。「いいトコ取りにはニーズがあるが、前モデルは期待に応えきれていなかった」と結論づけ、今回のコードレスキャニスターを開発するうえで重要な指標にしたそうです。

20170804wada10↑キャニスター愛用者の中でも、「まとめて掃除派」と「都度掃除派」に2極化、それぞれに対応できるキャニスター掃除機が求められていることが分かります

 

コードレスとキャニスターのいいトコ取りを果たし、シャープのスタッフも「久しぶりの自信作」と胸を張るRACTIVE AIRのコードレスキャニスター。掃除機市場の風雲児になりそうな予感です。

 

【SPEC】
EC-AS700(サイクロン)
●サイズ:W204×D390×H230mm、質量:1.8kg(本体)/2.9kg(標準質量)、集じん容積:0.25ℓ
EC-AP700(紙パック)
●サイズ:W194×D395×H182mm、質量:1.8kg(本体)/2.9kg(標準質量)、集じん容積:1.0ℓ
EC-AS500(サイクロン)
●サイズ:W204×D390×H230mm、質量:1.8kg(本体)/2.9kg(標準質量)、集じん容積:0.25ℓ
EC-AP500(紙パック)
●サイズ:W194×D395×H182mm、質量:1.8kg(本体)/2.9kg(標準質量)、集じん容積:1.0ℓ

 

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索