渋滞時、もう足がプルプルしない! 最新の運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」その機能と歴史

【アイサイト・ツーリングアシスト(あいさいと・つーりんぐあしすと)】とは、スバルの運転支援システム「アイサイト」に新機能を追加した進化版。高速道路のすべての車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストし、渋滞やロングドライブの疲れを大幅に軽減することができます。今年夏発表予定の新型「レヴォーグ」、「WRX S4」に全車標準装備されるということで、話題となっています。

↑↑アイサイト・ツーリングアシストの概要

 

スバルが開発したステレオカメラによる運転支援システム

日産の「プロパイロット」、トヨタの「Toyota Safety Sense P」など、交通事故の防止を目的として、自動車メーカー各社が運転支援システムの開発を進めています。スバルでは1988年から車載用ステレオカメラの開発に着手し、1999年にはステレオカメラによる運転支援システム「ADA(Active Driving Assist)」を、世界で初めて搭載する「レガシィランカスターADA」(現アウトバック)を発売しました。

 

このADAを発展させ、人間の目の識別方法を取り入れて開発されたのが、「アイサイト」です。2008年、レガシィ アウトバック「2.5XT」に搭載されてデビュー。世界で初めてステレオカメラのみで自動車、二輪車、歩行者に対する衝突被害軽減ブレーキ、車間距離を一定に保つ「全車速追従機能付クルーズコントロール」をはじめとする運転支援機能を実現しました。

↑アイサイトのステレオカメラ↑アイサイトのステレオカメラ

 

その後、自動ブレーキ機能によって自動車、二輪車、歩行者に対する衝突回避を実現した「アイサイトver.2」、ステレオカメラシステムを刷新し、操舵制御によるレーンキープ機能を追加するなど、各種運転支援機能を強化した「アイサイトver.3」と進化。アイサイト搭載車は非搭載車に比べて追突事故発生率が84%減少するという成果を達成しました。また、運転支援システムとして初めて2015年度のグッドデザイン金賞を受賞しています。

 

今回の「アイサイト・ツーリングアシスト」は、基本的にはアイサイトver.3をベースにした進化版です。「車線中央維持」の作動領域を従来の「60km/h以上」から「0km/h以上」にまで拡大。また、「全車速追従機能付クルーズコントロール(ACC)」の対応速度域を0km/h〜約120km/hにまで拡大することで、渋滞時もアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストできるようになりました。これにより、渋滞の際のアクセルとブレーキ操作の連続によって、疲労で足がプルプル…ということもなくなりそう。行楽シーズンの高速道路では、絶大な威力を発揮しそうですね。

↑渋滞時(左)は、区画線が見えない状況でも、先行車を認識して操舵を支援↑メーターの表示の例。渋滞時(左)は、区画線が見えない状況でも、先行車を認識して操舵を支援。高速巡航時(右)は、先行車がいない場合でも、区画線を認識することで車線内中央付近を維持します

 

【一言まとめ】
「アイサイト ツーリングアシスト」は、スバルの運転支援システム「アイサイト」の進化版。渋滞時のノロノロ運転にも対応し、さらに快適に運転できる。

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索