テリヤキ×月見×焼肉の三重奏! フレンチ仕込みの本格バーガーが味わえる曳舟「burger house UZU」

ハンバーガーストリート・松原好秀の「週末はハンバーガー」 burger house UZU(曳舟)

 

ハンバーガーショップというと、六本木や原宿、渋谷、あるいは世田谷あたりをイメージするかも知れないが、最近は都内東部、千代田区や墨田区、台東区などにオープンする店が増えている。東京スカイツリー®に程近い、曳舟の「バーガーハウス ウズ」もそんな店のひとつだ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

手切り肉入りパティは“焼肉”のおいしさ

2014年にオープンした同店は先月7月で3周年を迎えた。去年2月から始めたデリバリーが好調で、ついに仕込みが追い着かなくなり、江東区亀戸にデリバリー拠点を開いて増産態勢を整えているという、そんな景気のいい話が聞こえてくる。

Exif_JPEG_PICTURE

 

錦糸町にある熟成肉とワインの店「UZU本店」がそのおおもと。バーガーハウス ウズはUZUグループの3店目の店にあたる。フレンチをベースにした料理とワインを出すUZU本店の流れを汲んで、バーガーハウスも赤・白9本ほどのボトルワインを常備。フレンチシェフが考案したユニークなバーガーが並ぶ。

↑食べきれないほどのボリュームで大人気のサイドメニュ「オニオンリング」(324円)↑食べきれないほどのボリュームで大人気のサイドメニュ「オニオンリング」(324円)

 

バーガーメニューはレギュラー10品。パティはオージービーフ100パーセント、挽肉と手切りの肩ロースを半々合わせたサイズ120グラム。その肉のおいしさを存分に味わうことができるのが、意外やテリヤキバーガーである。

↑イチ押しの「赤ワイン仕立てのTERIYAKIバーガー -卵黄添え-」(1080円)。きつい味のテリヤキソースを卵黄がマイルドになじませ、後味に亀戸「三好屋」製のバンズの甘味。パティは“焼肉”のおいしさ↑イチ押しの「赤ワイン仕立てのTERIYAKIバーガー -卵黄添え-」(1080円)。きつい味のテリヤキソースを卵黄がマイルドになじませ、後味に亀戸「三好屋」製のバンズの甘味。パティは“焼肉”のおいしさ

 

甘いおやつのようなテリヤキを期待するとみごとに裏切られる。胡椒の苦味と辛味がピリピリ利いた、これは大人の味だ。ソースは赤ワインと醤油、みりん、ニンニクなどを煮詰めた自家製。そして最大の特徴は、牛丼よろしく添えられてくる卵黄である。小ぶりな黄身がまん丸とパティの上に浮かべば、これぞ本当の月見バーガー!

 

そんなアイデアも楽しい墨田区のハンバーガーショップ。東京スカイツリーに出かけたついでにぜひ立ち寄りたい一店だ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

― shop data ―

所在地:東京都墨田区京島1-2-2-113

アクセス:東武鉄道 曳舟駅歩1分

オープン:2014年7月5日

営業時間:平日 11:00〜15:00LO、17:30〜22:00LO、土日祝 11:00〜22:00LO

定休日: 火曜日(要確認)

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索